おすすめ
ブロックチェーン的データベース設計
Jul 12, 2019

アドレスを自前のDBサーバで管理しても良いのですが公に使用していく場合、マスターアドレスとトランザクションアドレスによって構築する必要があります。

公に使う場合の送金は、バックさせればいいのかなと考えています。マスターアドレスが一方的にわずかとはいえ送金されればマスターアドレス長者になってしまいますし、そんな既得権皆なりたいに決まっています。そこで送ったら返すよと。往復の手数料分は頂戴ねとします。ただ非常によく構築されていれば乗っかった方が楽ですし、データ量が少ないなら手数料込みでも非常に少額なため、バックもいらないかもしれません。この時、データ量に関係なく手数料が高騰することが如何に使えないチェーンなのか理解してもらえると思います。

著者/onlineSV/
著者に関する情報なし
onlinesv
{"currency":[{"name":"US Dollar","abbr":"usd","symbol":"$","type":"fiat","priceBtc":165.39086495512001}],"appuser":null}